2016年10月21日、日本認知科学研究所 代表理事 志村祥瑚・理事 石井遼介を発明者とする特許として「精神疾患の治療用具および治療装置」を日本国 経済産業省 特許庁へ出願致しました。

特許協力条約(PCT)に基づき、加盟170ヶ国に同時出願を行なっています。

題名に精神疾患という言葉を含みますが、広く理想と現状の精神状態にギャップがある状態を私共の貢献の対象とし、世の精神的健康度・精神的幸福度の向上に役立てるよう、これからも邁進致します。